熊本県

「うとん行長しゃん」等の熊本県ゆるキャラ写真集 その3

この記事では、「うとん行長しゃん」(熊本県宇土市)、「なごみん」(熊本県玉名郡和水町)について紹介します。

うとん行長しゃん

うとん行長しゃん について

「うとん行長しゃん」は、熊本県の南半分を統治していたキリシタン大名の小西行長をモデルとした熊本県宇土市のキャラクターです。

「うとん行長しゃん」の胸と兜には十字架、肩には宇土市の鳥であるメジロがのっています。

詳細は、「公式サイト・その他最新情報等」にある公式サイトのプロフィールを参照して下さい。

うとん行長しゃん 写真集

ご当地キャラ博in彦根2022

下の写真は、2022年に滋賀県彦根市にある彦根城を中心に開催された「ご当地キャラ博in彦根2022」より、「うとん行長しゃん」の登場です。

うとん行長しゃん

(左側の)「アックマ」(北海道)、(左上の)「ひこにゃん」(滋賀県彦根市)、(右隣より)「ムジナもん」(埼玉県羽生市)、「かきたん」(和歌山県)、「みーみ」、「ぐんまちゃん」(少し写っています)、「あおま」(いずれも群馬県)等とのコラボです。

うとん行長しゃん

「うとん行長しゃん」の後ろ姿です。

うとん行長しゃん
ご当地キャラEXPO in りんくう

下の写真は、2023年大阪府泉佐野市にあるりんくうアイスパークで開催された「ご当地キャラEXPO in りんくう」より、(左側より)「こにゅうどうくん」(三重県四日市市)、「ひこにゃん」(滋賀県彦根市)、(右側の)「ゆるナキン」(大阪府泉佐野市)との貴重なコラボです。

うとん行長しゃん

(左側より)「あななん」(徳島県阿南市)、「笠やん」(京都府相楽郡笠置町)、(右側の)「イーサキング」(鹿児島県伊佐市)とのコラボです。

うとん行長しゃん

※ 随時写真追加予定

公式サイトとその他最新情報等

「うとん行長しゃん」の公式サイトは、こちらを参照して下さい。

「うとん行長しゃん」のFaceBookは、こちらを参照して下さい。

「うとん行長しゃん」のX(旧Twitter)は、こちらを参照して下さい。

「うとん行長しゃん」のインスタグラムは、こちらを参照して下さい。

「うとん行長しゃん」のYouTubeチャンネルは、こちらを参照して下さい。

「うとん行長しゃん」等の熊本県ゆるキャラ写真集 その3 記事後半

なごみん

なごみん について

「なごみん」は、日本マラソンの父と言われている金栗四三(かなくりしそう) がモチーフと思われるキャラクターです。(公式サイトに明記は見当たりませんでしたが、間違いないと思います。)

「なごみん」は「金栗43」と書かれていたランニングシャツに短パン、足袋(明治時代にはマラソンシューズがなかった為)を履いています。また、金栗四三の生家は、熊本県玉名郡和水町にあるため、ほぼ100%間違いないと思います。

ちなみに、あの有名なグリコキャラメルのモデル(1928年~1944年)は、金栗四三です。

詳細は、「公式サイト・その他最新情報等」にある公式サイトのプロフィールを参照して下さい。

なごみん 写真集

好きがつながる!もっとひろがる!浜松町ハーベストフェスタ -浜祭- 2023

下の写真は、2023年に東京浜松町にある増上寺を中心に開催された「好きがつながる!もっとひろがる!浜松町ハーベストフェスタ -浜祭- 2023」より、「なごみん」の登場です。

なごみん

和水町産のお米を配ったり、いろいろなポーズをしてくれるサービス精神旺盛な「なごみん」です。

なごみん

なんと、あのグリコサインのゴールインポーズもしてくれました。(^O^)

なごみん

文化放送のマスコットキャラクター「キューイチロー」との貴重なコラボです。

なごみん

「なごみん」の後ろ姿です。

なごみん

公式サイトとその他最新情報等

「なごみん」の公式サイトは、こちらを参照して下さい。

「なごみん」のインスタグラムは、こちらを参照して下さい。

「なごみん」のYouTubeチャンネルは、こちらを参照して下さい。

他のゆるキャラ記事を探す

50音別ゆるキャラ記事一覧を作成しました。世界一のゆるキャラ大百科事典を目指し、現在も更新中です。他のゆるキャラ記事については、こちらを参照して下さい。

クロージング
50音別ゆるキャラ記事一覧本ブログには、現時点で約500体を超えたゆるキャラ、ご当地キャラの記事が投稿されております。 また、単にキャラクターの紹介や写真だ...