青森県

弘前城の兜をかぶる「たか丸くん」

たか丸くん

今(2024年)より11年前の2013年の夏休み、青森の弘前に行ってきました。

弘前城の天守閣周辺を歩いていたら、下のキャラクターを見かけました。こちらがこの街のキャラクター「たか丸くん」です。

弘前城

たか丸くんについて

「たか丸くん」は、2009年にある青森県弘前市にある弘前城の築城400年を迎える弘前城築城400年祭マスコットキャラクターとして誕生し、その2年後の2011年に弘前市のマスコットキャラクターに任命されました。

「たか丸くん」の兜は、弘前市の名所である弘前城と弘前藩の初代藩主である津軽為信(つがるためのぶ)公の兜となっています。また、兜の「卍」は、津軽氏の旗印そして弘前市の市章を表現しています。

また「たか丸くん」は鷹がモチーフのキャラクターになっていますが、それは弘前城の別名である鷹岡城の「鷹(たか)」から鷹のキャラクターになりました。著者は最初「鷹」はダジャレかとな思いましたが、イベントのスタッフさんの話によると、弘前市には昔本当に鷹が居たらしいです。

詳細は、「公式サイト・その他最新情報等」にある公式サイトのプロフィールを参照して下さい。

たか丸くん写真集

弘前フェアin羽田産直館

下の写真は、2024年1月に羽田空港第1ターミナルのイベントスペースにて開催された、「弘前フェアin羽田産直館」より、「たか丸くん」の登場です。

たか丸くん

「たか丸くん」のポーズ集。正面、斜め等から見た「たか丸くん」です。

たか丸くん

真横から見た「たか丸くん」と何も持っていない「たか丸くん」です。

たか丸くん

「たか丸くん」の後ろ姿です。

たか丸くん

※ 随時写真追加予定

弘前城の兜をかぶる「たか丸くん」 記事後半

たか丸くんの兜に使われた弘前城に行ってきました。

弘前城の様子

こちらが弘前城の天守閣です。(この記事執筆より11年前の2013年の写真です。)「たか丸くん」の兜はこのお城がモデルとなっています。

弘前城

この弘前城の天守は、東北で唯一江戸時代以前に築かれた現存天守であるそうです。

弘前城

天守閣の周辺は、橋や弘前公園があり、(左側は)春陽橋 (シュンヨウバシ)と呼ばれているそうです。また、弘前公園は桜の名所で有名であるそうですが、当時私は夏に行ってきました。夏の弘前城も素敵ですが、次の機会(もしあれば)、ぜひ桜の季節の弘前城へ。。

弘前公園

弘前城(弘前公園)への地図・アクセス情報

弘前公園(弘前城)

住所:青森県弘前市下白銀町1

交通:JR奥羽本線弘前駅 より徒歩約30分 又は バスで15分

詳細は、「公式サイト・その他最新情報等」を参照して下さい。

弘前市立観光館で「たか丸くん」の石像と津軽為信像を見つけました。

弘前市立観光館の様子

市内観光の為、レンタサイクルのある弘前市立観光館の中に入ろうとしたら、入口には。。

「たか丸くん」の石像を見かけました。(^O^) そのまま弘前市立観光館の中に入ってみると。。。

たか丸くん

津軽為信公の像が建っていました。津軽藩の初代藩主でもあり、この弘前城の築城計画もされた人物です。「たか丸くん」の兜のモデルにもなっています。(なんといっても2013年に撮った写真もあり、見えにくいですが、もし今後弘前に行く機会があれば写真を入れ替えます。)

津軽為信

ちなみに、弘前文化センター前の庭に津軽為信公の立派な像が建っているそうです。

弘前市立観光館への地図・アクセス情報

弘前市立観光館

住所:〒036-8356 青森県弘前市下白銀町2−1 追手門広場内

交通:JR奥羽本線 弘前駅 より徒歩30分 又は バスで15分

詳細は、「公式サイト・その他最新情報等」を参照して下さい。

公式サイトとその他最新情報等

「たか丸くん」の公式サイトは、こちらを参照して下さい。

「たか丸くん」のFaceBookは、こちらを参照して下さい。

「たか丸くん」のX(旧Twitter)は、こちらを参照して下さい。

「たか丸くん」のインスタグラムは、こちらを参照して下さい。

「たか丸くん」のYouTubeチャンネルは、こちらを参照して下さい。

「弘前公園(弘前城)」の公式サイトは、こちらを参照して下さい。

「弘前市立観光館」の公式サイトは、こちらを参照して下さい。

他のゆるキャラ記事を探す

50音別ゆるキャラ記事一覧を作成しました。世界一のゆるキャラ大百科事典を目指し、現在も更新中です。他のゆるキャラ記事については、こちらを参照して下さい。

クロージング
50音別ゆるキャラ記事一覧本ブログには、現時点で約530体を超えたゆるキャラ、ご当地キャラの記事が投稿されております。 また、単にキャラクターの紹介や写真だ...