栃木県

岩下の新生姜ミュージアムの「イワシカちゃん」

イワシカちゃん

2021年に、家族で楽しめそうなミュージアムを見つけ(私はゆるキャラ目的です(^^))栃木県栃木市にある「岩下の新生姜ミュージアム」に行きました。私はその後も何度かミュージアムに行ってきました。

岩下の新生姜ミュージアムの館内の様子その1

岩下の新生姜ミュージアムの入り口付近

「岩下の新生姜ミュージアム」は栃木県栃木市に本社のある岩下食品の博物館です。入り口には巨大な新生姜が立っており、中に入ると。。

岩下の新生姜ミュージアム

巨大な岩下の新生姜のパッケージと、新生姜色のピンクのグランドピアノとなぜかアルパカがお出迎えでした。食品の博物館の固い雰囲気はなく、なんか、その場に居ると幸せな気分になる空間、アミューズメントパークみたいでした。(^o^) 右後ろには「岩下の新生姜」の巨大パッケージがあり、中に入ることが出来るので、新生姜になった気分になれます。(^^) ここでよくイベントが行われ、イベントのステージとして使用されています。

岩下の新生姜ミュージアム

このイベントステージにかわいいいキャラクターが現れました。こちらが、このミュージアムのキャラクター「イワシカちゃん」です。

イワシカちゃん

イワシカちゃん について

「イワシカちゃん」は岩下の新生姜ミュージアムの公式キャラクターであり、ミュージアム内の、ジンジャー神社から生まれてきました。「イワシカちゃん」についての詳細は、「公式サイト・その他最新情報等」にある公式サイトのプロフィールを参照して下さい。

イワシカちゃん

岩下の新生姜ミュージアムの館内の様子その2

新生姜の部屋

「イワシカちゃん」が新生姜の部屋に入ってきました。その部屋の中には。。。

イワシカちゃん

新生姜のソファーがありました。他にも新生姜のベッドも置かれていました。まさに新生姜の部屋です。(^^)

イワシカちゃん

土の中の新生姜

ミュージアム内には、収穫直前の新生姜を再現した大きな模型も置いてあります。

 

イワシカちゃん

ジンジャー神社

ミュージアムの館内には、生姜のある神社「ジンジャー神社」、(なんかダジャレみたいな神社ですが。。。)

ジンジャー神社

公式サイトには「生姜の効果で夫婦や恋人の仲もポッカポカ、アツアツに・・・」と書かれていました。なるほど。ジンジャー神社を守る「狛鹿」が「イワシカちゃん」のモデルになっています。

ジンジャー神社

ジンジャー神社の神様から、「狛鹿」に歩く力を与えられ誕生したキャラクターが「イワシカちゃん」です。(公式サイトのプロフィールの説明が再現出来ました。(^^))

イワシカちゃん

「ジンジャー神社」の鳥居にて、(右側の)「とち介」(栃木県栃木市)と一緒です。

イワシカちゃん

世界一大きな岩下の新生姜ヘッド

下の写真は、高さ5mの岩下の新生姜のかぶりものです。新生姜になりきって記念撮影が楽しめます。(^o^)「イワシカちゃん」と「とち介」は新生姜ヘッドの前で遊んでいました。

イワシカちゃん

岩下の新生姜ミュージアムの「イワシカちゃん」 記事後半

イワシカちゃんちゃんのお誕生日会

4月10日は、「イワシカちゃん」のお誕生日です。「岩下の新生姜ミュージアム」でも、バースデーイベントが行われました。お誕生日会にふさわしく、フォーマルな「イワシカちゃん」の登場です。

イワシカちゃん

お誕生日のお祝いに(左側の)「さのまる」(栃木県佐野市)がゲストとして登場しました。

イワシカちゃん

(左側の)「とち介」もお誕生日のお祝いのゲストとして登場しました。

イワシカちゃん

岩下の新生姜ミュージアムの館内の様子その3

カフェニュージンジャー (CAFE NEW GINGER)

岩下の新生姜を使った料理を食べてみました。ミュージアム内には、「CAFE NEW GINGER」というカフェがあり、新生姜を使ったパスタやハンバーグやソフトクリーム等が食べられます。私は、岩下の新生姜を使ったチーズカレーを頂きました。思ったほど辛くなかったです。

新生姜チーズカレー

私の家族は、期間限定のプレートを頂きました。サラダにも新生姜、パンのジャムにも新生姜、ドリンクはホットピンクジンジャーでした。

岩下の新生姜ミュージアム

また、カフェ内では「岩下の新生姜」と「オリーチェ」(オリーブ)が食べ放題、料理に好きなだけトッピング出来ます。

岩下の新生姜

アルパカ広場

「岩下の新生姜ミュージアム」のキャラクターは「イワシカちゃん」の他に、下の写真のアルパカもいます。「岩下の新生姜アルパカ」のもふもふの手触りに癒やされる空間、アルパカ広場です。

アルパカ広場

岩下の新生姜仕様のバイク

館内には、岩下の新生姜仕様(?)のバイクも、展示されていました。

岩下の新生姜ミュージアム

岩下の新生姜について

下の写真は、一般的な生姜と岩下の新生姜です。岩下の新生姜は、台湾のみで栽培される本島姜(ペンタオジャン)という特別な生姜を使用されています。従って日本での栽培が難しいと分かった為、冷凍輸送されています。(一部Wikipediaより引用しました。)

岩下の新生姜

館内には、「岩下の新生姜」の歴史が書かれていました。下記の説明を要約すると、岩下食品の社長、岩下邦夫さんが台湾で新生姜と出会い、あまりの美味しさに日本の食卓にも新生姜を届けたいという思いから9年かけて商品化したと説明されています。

岩下の新生姜

館内には、岩下の新生姜を使った商品が展示されていました。「岩下の新生姜ポテトチップス」、「岩下の新生姜ドレッシング」、「生姜餃子」等、よくこんなにたくさん作ったなあ、と感心しました。(^o^)

岩下の新生姜

新生姜ミュージアムへの地図・アクセス情報・公式サイト等

岩下の新生姜ミュージアム

住所: 栃木県栃木市本町1−25

交通:JR両毛線・東武日光線「栃木駅」南口より徒歩約12分

宿泊場所、ホテル探しについて

宿泊場所やホテルについては、私は「Yahooトラベル」が気に入っています。

その特徴は

1.取り扱い施設数が約17000施設もあります。

2.安いホテルから高級はホテル、お勧め順、口コミ評価&件数順などの好みに合わせて幅広く探せます

私が以前宿泊したホテルも「Yahooトラベル」では30%以上の割引等も見かけたこともあり、ホテル探しは「Yahooトラベル」でチェックしています。