栃木県

「とち介」と小江戸で小京都の蔵の街、栃木県栃木市

とち介

とち介について

「とち介」は、蔵の街である栃木県栃木市のマスコットキャラクターであり、蔵の妖精という設定になっています。蔵のずきんとマントを身に着けています。(公式サイトより引用)

とち介の写真等

ご当地キャラクターフェスティバルinすみだ 2018

↓は、2018年に東京墨田区のスカイツリー付近で行われた「ご当地キャラクターフェスティバルinすみだ」より、「とち介」の登場です。

とち介

ふっかちゃんバースデーぱーちぃ 2017

↓は2017年に埼玉県深谷市で行われた「ふっかちゃんバースデイぱーちぃ」より、頭にねぎを着けて「ふっかちゃん」仕様で登場しました。(左側の)「ぐんまちゃん」(群馬県)と一緒です。

とち介

世界キャラクターさみっと in 羽生(2017年)

↓は、2017年11月の「世界キャラクターさみっと in 羽生」より、右から「カムロちゃん」(千葉県佐倉市)、「みとちゃん」(茨城県水戸市)と一緒です。

とち介

ふっかちゃんバースデーぱーちぃ 2018

↓は2018年の「ふっかちゃんバースデイぱーちぃ」より、(左側の)「ふっかちゃん」仕様の「和み柴っこ」(京都府)と一緒です。

とち介

(左側の)「ざっくぅ」(JCOM)と一緒です。

とち介

ムジナもん 誕生日会(2019年)

↓は、2019年8月に埼玉県羽生市で行われた「さみっとカウントダウンイベント」より、頭にモロヘイヤの葉を着けて「ムジナもん」仕様で登場しました。

とち介

ふなっしー PRESENTS ご当地キャラFES ~梨祭り2018~ in 神宮外苑

2018年の猛暑の夏、東京の神宮外苑で行われた「ふなっしー PRESENTS ご当地キャラFES ~梨祭り2018~ in 神宮外苑」より、左の「チーバくん」(千葉県)と右の「こにゅうどうくん」(三重県四日市)と一緒です。

とち介

ふっかちゃんバースデーぱーちぃ 2019

↓は2019年の「ふっかちゃんバースデイぱーちぃ」より、(右から)「ちょうせい豆乳くん」(東京都秋葉原)、「ぐんまちゃん」と一緒です。

とち介

(左側の)「さのまる」(栃木県佐野市)と一緒です。

とち介

(右から)「うなりくん」(千葉県成田市)、このイベントの主役の「ふっかちゃん」(埼玉県深谷市)、「しんじょう君」(高知県須崎市)、「有明ガタゴロウ」(佐賀県有明海)、(「ちょうせい豆乳くん」の隣の)「あゆコロちゃん」(神奈川県厚木市)と一緒です。

とち介

世界キャラクターさみっと in 羽生(2019年)

↓は、2019年の11月に埼玉県羽生市で行われた「世界キャラクターさみっと in 羽生」より、大雨の中「とち介」の登場です。大変お疲れ様でした。

とち介

「とち介」と小江戸で小京都の蔵の街、栃木県栃木市 記事後半

世界キャラクターさみっと in 羽生(2018年)

↓は、2018年の「世界キャラクターさみっと in 羽生」より、「すそのん」(静岡県裾野市)と一緒です。

とち介

左のキャラクターは、「おおまぴょん」(長野県大町市)です。

とち介

小江戸・蔵の街の栃木市

栃木県南部にある栃木市には、江戸時代から残る歴史的な建造物や重要文化財がたくさん残されています。市街地には蔵造りの街並みが保存されており、小江戸と言われています。

栃木市

また、栃木市は小京都の称号も取得しており、全国で「小江戸」で「小京都」と名乗っている市は栃木市だけ(とずっと前「アド街ック天国」で聞きました。)

栃木市

この建物は、旧栃木県庁です。1884年(明治17年)栃木県庁は宇都宮に移転しました。その後宇都宮は都市化が進み、新幹線が停車する街になりました。栃木市は取り残され、その結果、蔵の街や重要文化財が残り、今の街並みになりました。(一部、栃木県のホームページより引用)

旧栃木県庁

このレトロな建物は、最初は美術館かと思いましたが「片岡写真館」という写真屋さんでした。

片岡写真館

巴波川(うずまがわ)沿いに並んでいる蔵が並んでいて倉敷に似ています。

蔵の街

この建物は、「万町交番」という交番です。蔵の街を守っています。警察まで蔵造りです。栃木市は真の蔵の街です。

万町交番

巴波川では遊覧船に乗ることも出来ます。(実は私はまだ乗ったことがないのです)

栃木市

日光や宇都宮に比べてあまり知られていない(と思います)栃木市、この素敵な街を知ったのは、やはり「とち介」のおかげです。

とち介

公式サイト・その他最新情報等

「とち介」の公式サイトはこちらです。

「とち介」のFaceBookは、こちらです。

「とち介」のTwitterは、こちらです。

「とち介」のInstagramは、こちらです。

「栃木市観光協会」の公式サイトはこちらです。