ゆるキャラ

「えぼし麻呂」と神奈川県茅ヶ崎市の観光名所の烏帽子岩

えぼし麻呂

神奈川県茅ヶ崎市のシンボル、烏帽子岩

下の写真は、神奈川県茅ヶ崎市のビーチから見ることが出来る、「烏帽子岩」と言われている島です。本当の名前は、姥島(うばしま)と呼ばれ、平安時代の烏帽子のような尖った形をしていている為、烏帽子岩と呼ばれているそうです。(一部Wikipediaより引用)

烏帽子岩

この烏帽子岩から「えぼし麻呂」というキャラクターが生まれました。

えぼし麻呂について

「えぼし麻呂」は神奈川県茅ヶ崎市の茅ヶ崎市特別観光大使です。頭は茅ヶ崎の海に浮かぶ「えぼし岩」を表現しています。(公式サイトより引用) 詳細は、公式サイトのプロフィールを参照。

えぼし麻呂

えぼし麻呂の写真等

キャラJAM vol.4(第33回座間市民ふるさとまつり)

下の写真は、2018年の「キャラJAM vol.4(第33回座間市民ふるさとまつり)」より、「えぼし麻呂」の登場です。

えぼし麻呂

世界キャラクターさみっとin羽生(2017年)

下の写真は、2017年11月、埼玉県羽生市で開かれた「世界キャラクターさみっとin羽生」より、「えぼし麻呂」がスパイダーマンのコスプレをして、ステージに上がって来ました。(^o^)

えぼし麻呂

この光景、今までの「えぼし麻呂」の中で強く印象に残りました。

この年は、ゆる党全員集合です。(左側の)「ふっかちゃん」(埼玉県深谷市)、(右から)「あゆコロちゃん」(神奈川県厚木市)、「さのまる」(栃木県佐野市)、「えびーにゃ」(神奈川県海老名市)、「たかたのゆめちゃん」(岩手県陸前高田市)と一緒です。

えびーにゃ

えび~にゃ7歳のお誕生日パーティ(2018年)

下の写真は、2018年の「えび~にゃ7歳のお誕生日パーティ」のより、「えびーにゃ」と一緒です。

えぼし麻呂

「えぼし麻呂」と神奈川県茅ヶ崎市の観光名所の烏帽子岩 記事後半

さのまるサマーフェスティバル&グルメランド 2015

下の写真は、2015年に栃木県佐野市で行なわれた「さのまるサマーフェスティバル&グルメランド 2015」より、「さのまる」のいもフライスティックをバットの代わりにして野球をして遊んでいました。(右から)「とちまるくん」(栃木県)、「ムジナもん」(埼玉県羽生市)が後ろから見守っています。

えぼし麻呂

「さのまる」を先頭に「ふっかちゃん」とお神輿を担いでいます。ゆるキャラ夏祭りです。

えぼし麻呂

世界キャラクターさみっとin羽生(2018年)

下の写真は、2018年の「世界キャラクターさみっとin羽生」より、会場内を歩いていた時に「えぼし麻呂」と会いました。(^o^)

えぼし麻呂

世界キャラクターさみっとin羽生(2019年)

下の写真は、2019年の雨の中行われた「世界キャラクターさみっと in 羽生」より、(左側の)「ふにゃっしー」(ふなっしーの飼い猫)と一緒です。

えぼし麻呂 ふにゃっしー

ご当地キャラクター・スポーツ祭り キャラスポ祭(2017年)

↓も、2017年の「ご当地キャラクター・スポーツ祭り キャラスポ祭」より、(左にいる)「はにぽん」(埼玉県本庄市)と(右にいる)「みどりの」(埼玉県みどりの村)と一緒です。

えぼし麻呂

さのまるの日イベント ご当地グルキャラ大作戦(2018年)

↓は、2018年に栃木県佐野市で行われた「さのまるの日イベント ご当地グルキャラ大作戦」より、「ぐんまちゃん」(群馬県)と一緒です。

えぼし麻呂

※ 随時写真追加予定

烏帽子岩が見える「サザンビーチちがさき」

烏帽子岩、サザンビーチちがさきの写真等

この「えぼし麻呂」のモデルとなる「烏帽子岩」は、茅ヶ崎の海岸から(サザンビーチちがさき)から見ることが出来ます。

烏帽子岩

下の写真は、サザンビーチちがさきのシンボル、サザンビーチモニュメント「茅ヶ崎サザンC」と呼ばれており、このモニメントの説明に「2人で円の側に立つと縁が結ばれ完結する「縁結びの輪」であると同時に貧困や一族対立、環境汚染や交通禍等、人々が抱える様々な問題に、いたわりや譲りあう心を思い出し、不完全な円(縁を完成させ、幸せや暮らしを形づくる「思いやりの輪」イメージしています。」と記載されていました。

サザンビーチちがさき

海岸沿いを散歩することも出来、サイクリングをしている人たちもたくさんいました。通路にも烏帽子岩が置かれています。

茅ヶ崎

サザンビーチちがさきへの地図、アクセス情報

サザンビーチちがさき
住所: 神奈川県茅ヶ崎市中海岸4丁目12986−5

交通:JR湘南新宿ライン・JR相模線「茅ヶ崎」駅より、徒歩約10分

車利用など、詳細は下記を参照

公式サイト・その他最新情報等

「えぼし麻呂」の公式サイトはこちらです。

「えぼし麻呂」のFaceBookは、こちらです。

「えぼし麻呂」のTwitterは、こちらです。